プロミスの審査はフリーターだと通りにくい?通るためにはどうしたらいい?

プロミスの審査は フリーターだと通りにくい? 通るために注意すべきことって?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスの審査はフリーターだからといって通りにくいということはありません。

プロミスでフリーターの人が借りる場合、ポイントとなるのが収入です。

フリーターであっても何かしらアルバイトしているなど収入がある、20歳以上で69歳までの人であれば、十分に借りられる可能性はあります。

ただし、ニート、専業主婦の人は借りることはできません。パート、アルバイトをしているのであれば大丈夫です。

プロミスの審査はフリーターでも収入があれば通るの?

フリーターがプロミスの審査に通るためには収入があるか?は大事な条件となります。勤め先があり、そこで働いていることが重要です。

また収入に関しては、いくら以上の稼ぎがなければ借りられないわけではありません。稼ぎに応じて、借りられる金額(極度限度額)が決まるだけです。

いくらまで借りられるか?これは年収により変わってきます。

時給1,000円で1日4時間勤務、週2回働いている場合

1,000円×4時間×8(週2日×4週)=32,000円

月に32,000円の稼ぎあるとして、年収は年間の稼ぎとなりますので、

32,000円×12=384,000円

384,000円が年収となります。そしてプロミスの場合、年収の3分の1以上は借りられないため、計算上、128,000円が借りられる限度になります。

ただしこれはあくまでも年収から計算した限度額であり、プロミスの審査によって決定される極度限度額とは異なります。

プロミスの審査でフリーターの人が注意すべき点は何かある?

プロミスへフリーターの人が申し込む時、注意してほしいことが申し込み時に入力する項目で嘘を書かないことです。

働き先の情報はもちろん、もし他からお金を借りている場合などの情報を正確に入力しましょう。

他から借り入れしている場合、銀行カードローンは含まれません

勤務先情報は勤め先会社名、住所や従業員数、電話番号の入力も必要となります。わからない場合は事前に調べておくようにしましょう。

他から借り入れしていない人は関係ありませんが、もし借り入れがある場合、残高を確認し、正確に入力しましょう。

もし偽って借り入れ状況を入力しても、審査の段階でプロミスは他社からの正確な借り入れ状況を把握できます。

プロミスが仮審査で照会する信用情報機関の情報を見れば、申し込みしてきた人の借り入れ状況はもちろん、過去の借り入れ状況も過去5年にさかのぼり、把握できます。

嘘をプロミスに伝えても、後々わかってしまうため、良いことはありません。ここは面倒でもきちんと借り入れ状況を調べ、入力することをおすすめします。

プロミスの審査ではフリーターでも働き先へ電話がかかってくる?

プロミスの審査において、もっとも重要ともいえるのが本審査の際にある、働き先への電話です。

この電話は申し込み時に入力する勤務先情報の電話番号にかかってきます。これがいわゆる勤務先への在籍確認と呼ばれるもので、プロミスの審査通過には必須の項目となっています。

そしてこの在籍確認はフリーターであっても行われます。つまり、働き先にプロミスから電話があった際には、ご自身が働いていることを証明しなければなりません。

とはいえ、難しい話ではなく働き先に在籍しているかどうかわかれば問題ありません。

心配であれば、プロミスに申し込みした後、働いている先へ、ご自身宛に電話がある事は伝えておくのがよいでしょう。

プロミスからの電話は個人名でかかってきます。プロミスということはわかりません。

以上、フリーターがプロミスで借りる時に行われる審査の際、知っておいてほしいことです。申し込む際には思い出してもらえると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました