外国籍の人だとプロミスの審査は厳しい?借入するためには

プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

外国籍の人だとプロミスの審査はどうなるのか?プロミスで外国籍の人が借入するのであれば、クリアしなければならないのが、

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

を持っているかがポイントとなります。

あとは日本国籍の人同様の申し込み条件で審査を受けることができます。

このページでは外国籍の方がプロミスの審査に落ちないためにも、申し込み前にチェックしておいてほしいことをまとめました。是非、最後までご覧ください!

外国籍の人がプロミスで借入する時に必要な物って?

外国籍の人がプロミスに申し込むためには、

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

が必要なことは冒頭に書きましたが、他に必要な提出物、条件があります。

必要な提出物(身分証明書)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

在留カード等と併せ、用意しておきましょう。

運転免許証かパスポートをお持ちであれば、どちらか一点で身分証明書の提出はクリアできます!

また当たり前のことですが、在留カード、特別永住者証明書は有効期限内の物を用意しましょう

外国籍の方がプロミスで借入するための条件って何?

必要な提出物も揃っているとして、最も重要な条件、それは今働いているか?ということです。

これはプロミスの申し込み条件にある「安定した収入がある」か?に該当します。

安定した収入と聞くと仰々しいですが、

  • アルバイト
  • パート
  • 正社員
  • 契約社員
  • 個人事業主

であれば、難なくクリアできます。

プロミスの審査において、外国籍であろうがなかろうが、きちんとした収入があるというのが、審査通過の重要なポイントになります。

また、プロミスの場合、年収の3分の1以上は借りられません。

年収は月の収入×12ヶ月分と考えてもらえばOK

例えば、年収が150万円の場合、50万円までが借入できる限度額(極度限度額)となります。

ただし、この限度額いっぱいまで借りられるかは審査次第となるため、限度額(極度限度額)はあくまでもMAXの借入額で実際に借りられるものでないと考えておきましょう。

在住カードを取得して半年だけどプロミスで借りられる?

外国籍の方がプロミスで借りる際、日本に在住してどのくらい期間が経つのか?も審査に影響します。

一般的には1年以上、在住しているのが望ましいと言われていますが、管理人の友人である外国籍の方は、在留カード取得後、2ヶ月ほどでプロミスの借入に成功しました。

友人の場合は在住カードの取得に3ヶ月、5ヶ月程度でプロミスに申し込み、審査をクリアしたことになります。

ちなみにこの友人は英語スクールの先生をしていますが、プロミスで借入した時は働き始めて、2ヵ月後ぐらいでした。

就業してから半年以上しなければ、借入は難しいと言われる中、プロミスで借入できた実績からすると、審査に通過するかどうか?はケースバイケース。

必要な物を全て揃え、収入があると見込まれる状態であれば、プロミスで借入できる可能性はあることを証明してくれました。

プロミスで借りるなら日本語は理解できたほうがいい?

プロミスに申し込む時は日本語で入力します。また審査結果も日本語で届きます。

日本語の読み書きはできたほうが望ましいですが、インターネット申込でGoogle翻訳などを駆使すれば、申し込みは可能ですし、審査結果の内容も理解できるでしょう。

ただし、プロミスから電話連絡がある場合もあります。

例えば、プロミスに申し込みした後や審査で行われる在籍確認において、対応を日本語で応対する必要があります。そのため、日本語でやりとりできたほうがよいのは確かです。

実はプロミスは審査の中で現在、働いている会社に電話をかけて在籍を確認します。この際、在籍している(働いている)ことが確認できれば問題ありません。

しかし在籍確認が取れない場合、在籍していることを確認できる書類の提出を促される場合があり、その際はどんなものが必要か?プロミスとやり取りが必要になるからです。

申込後も「申し込みしたのは間違いありませんか?」など申込確認の電話が入ることがある

管理人の外国籍の友人は日本語もある程度、話せましたし、聴き取りもできたのも審査に無事通過、プロミスで借入に成功した理由の一つでしょう。

プロミスの審査を外国籍の人が通過し借入を成功させるには

  • 在留カードか特別永住者証明書(有効期限)を用意する
  • 身分証明書を用意する
  • アルバイトを含む、何かしら仕事をしており、就業してから一定期間経っていること
  • 日本に居住して3ヶ月以上経っていること、しかしより長期滞在であればなお望ましい
  • 日本語でのやり取りができること(読み書き、コミュニケーション)

外国籍だからといって、プロミスの審査に通らないということはありません。

タイトルとURLをコピーしました