プロミスの審査は自己破産してると通る?通らない?

プロミスの審査は自己破産してると通る?通らない?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスの審査において、自己破産をしてどのくらいの期間が経っているのか?がポイントになります。

ポイントは、自己破産をしてから5年以下の場合であれば、プロミスの審査に通るのは難しいでしょう。

逆に自己破産をして5年以上経過している場合、またプロミスの顧客情報データベースにブラックリストに載っていない場合であれば、審査に通る可能性はでてきます。

この5年という境目は、自己破産した情報が「信用情報機関」に登録されるためです。

プロミスの審査において信用情報機関のデータを参照するのはなぜ?

プロミスに限らず、消費者金融の審査において、信用情報機関のデータは必ず参照します。

信用情報機関「CIC」のデータを参照にすることは、申し込み時に同意事項画面でも記載されています。

信用情報機関のデータを参照する理由としては、過去~現在に至るまでの自己破産をしたか?の記録だけではなく、借り入れ、返済状況など全て記録されています。

プロミスからすれば、この信用情報機関のデータを参照した際、今までお金を借りた時に問題があった人に対し、融資はしません。つまり、審査に落とされるわけです。

また信用情報機関に自己破産をした、踏み倒しなど起こした人は「異動」と情報が記録されます。信用情報に「異動」と記録されている場合、プロミスでの新規借り入れは不可能と考えましょう。

信用情報機関のデータは個人でも見ることは可能です。これは「開示請求」といい、有料で閲覧可能です。ご自身の信用情報に不安がある人は開示して確認してみるのも一つでしょう。

プロミス以外で自己破産をしたことがある人なら借りられる?

プロミス以外からお金を借りて、過去に自己破産をしていた場合、プロミスの顧客情報にデータはありません。

そのため、自己破産してから5年以上経過し、信用情報機関の情報から「異動」の情報が抹消されていれば、プロミスで新規借り入れできる可能性はでてきます。

ちなみにクレジットカードを利用していて、返済が滞っている場合や自己破産をしている場合も信用情報機関にデータとして記録されています。消費者金融だけでなく、信販会社を利用したデータも記録されていることは覚えておきましょう。

過去にプロミスで自己破産をして5年以上経過しましたが借りることはできますか?

プロミスを過去に利用し、自己破産をしている人の場合であれば、自己破産してから5年以上経過している場合でも、借りることは難しい可能性が極めて高くなります。

これはプロミスの顧客データが残っており、過去に自己破産した人物であることで、貸付リスクがある人と情報が残っている、つまり、ブラックリストとしてマークされている場合です。

いくら時が経っているからといって、過去に自己破産をした人に対し、再び貸付するのはリスクが高くなります。なぜなら、借り入れしても返済できなかった事実があるためです。

自己破産の理由はどうであれば、返済をできない人であるというレッテルをはられた場合、プロミスで再び借り入れするのは非常に困難となります。

つまり、プロミス以外の消費者金融を選ぶしか方法はないでしょう。

プロミスは30日間無利息やWEB完結などサービス面で魅力がありますが、他社でも同様のサービスを行っていますので、プロミスで借りられないからといって、落ち込む必要は全くありません。中にはプロミス以上に好条件で借りられるところもあります。

タイトルとURLをコピーしました