プロミスの審査は年収によって変わる?

プロミスの審査に 年収って関係するの? どのくらい重要?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスの審査は年収によってどう変わるのか?審査と年収が関係してくるのは、いくらまで借りたいか?希望する借り入れ金額(極度限度額)次第です。

なぜなら、プロミスでいくらまで借り入れできるか?は年収から審査されるからです。

プロミスは年収から借り入れできる金額がわかる?

プロミスで借り入れする場合、いくらまで借りられるのか?極度限度額はご自身の年収から計算することができます。

なぜなら、プロミスは消費者金融のため、年収の3分の1以上の借り入れができないからです。

この年収の3分の1までというボーダーラインは総量規制という法律が関係しているのです。

もし、年収の3分の1以上の貸付をした場合、貸付側(プロミス)には罰則等が与えられ、業務に支障をきたすことになります。

貸金業を営む上、この総量規制は貸金業法で制定された法律であるため、プロミスは従わざるを得ないわけです。

年収からプロミスの極度減額をシミュレーション

ケース1…年収180万円の人で他社借入がない場合

180万円÷3=60万円が極度限度額

ケース2…年収300万円で他社消費者金融から既に80万円借入している場合

300万円÷3-80万円=20万円が極度限度額

ケース2の場合、年収からすれば、100万円までが極度限度額になりそうなものですが、他社消費者金融からすでに80万円借りているため、年収から考えると、残りの20万円までがプロミスで借りられる可能性があります。

この総量規制から極度限度額を考えると、3分の1以上の借り入れを希望しても、審査に通ることはできない、もしくは希望する金額が借り入れは難しいというわけです。

プロミスの審査で見られる年収って何で判断するの?

プロミスの審査で見られる年収ですが、ご自身がどんな職業、属性なのかで変わります。

年収は収入証明書と呼ばれる物で判断されます。どんな物で年収を証明できるかというと例えば、

  • サラリーマン…源泉徴収票、給与明細書
  • 個人事業主…確定申告書

源泉徴収票、確定申告書は最新の物、つまり、前年度の物となります。サラリーマンの場合なら給与明細書も有効ですが、給与明細書の場合は「直近2ヶ月+1年分の賞与明細書」が有効です。

ただし、これら年収を証明する物は必ずしも提出しなければならないわけではありません。

プロミスの審査において、年収を確認される時は限られるって本当?

プロミスの審査において年収を確認する時は以下の時です。

  • 50万円以上の借り入れを希望する場合
  • 他社消費者金融などからの借入を含め、100万円を超える場合

つまり、上記のケースに該当しない場合であれば、年収は関係しないわけです。

このことから、申し込みした全ての人がプロミスの審査において、もっとも重要な項目ではないと言えるわけです。

プロミスの審査において年収はそこまで重要じゃない?

プロミスで年収を確認しなければならない状況ではない場合、年収はそこまで重要な審査項目ではありません。

どちらかといえば、過去に他社で借り入れしていた時の状況、現在の就業状況です。

過去にどこかで借り入れしていた場合、返済が何度も滞っていた、過去に自己破産などをしている場合、年収以上に審査に落とされる可能性があります。

また、就業状況、つまりは現在、職についていることのほうが重要です。職についているという判断は、何も正社員でなくても大丈夫です。契約社員、パート、アルバイトでも問題ありません。

年収でプロミスの審査に落とされるというより、他の審査項目で落とされる可能性が高いというわけです。

タイトルとURLをコピーしました