プロミスの審査に落ちる時ってどんな時?原因って?

プロミスの審査に落ちる時ってどんな時?原因って?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスの審査に落ちる原因ですが、審査に落ちた原因を聞いてもプロミスは答えてはくれません。

ただし、審査に落ちてしまう人には傾向があります。原因としては挙げますと、

  • 安定した収入がない
  • 信用情報に傷がついている
  • 他社から既に年収の3分の1以上の借り入れしている
  • 申し込み時の情報に虚偽の内容があった
  • 在籍確認が取れなかった
  • 半年以内に複数回の申し込みをしていた

といったことに該当している場合、審査に落ちる可能性は高くなります。

安定した収入がないってどういうこと?

プロミスの申し込み条件に「安定した収入がある」ことが記載されています。つまり、安定した収入がないと判断された場合、プロミスの審査通過は難しくなります。

安定した収入と聞くと、正社員じゃなきゃダメなの?と思われるかもしれませんが、契約社員はもちろん、パート、アルバイトの方も安定した収入がある人とみなされます。

では、自営業の方はどうなるのか?ですが、自営業の方もプロミスの審査に通る可能性はあります。しかし、自営業の場合、安定した収入という概念からすると不安定であるため、審査は厳しくなります。

信用情報に傷がついているってどういうこと?

プロミスの審査において、信用情報は審査で必ず確認します。この信用情報はCICなど信用情報機関でデータが管理されています。

信用情報は現在の借り入れ状況はもちろん、過去に借り入れした情報も保管されています。これは消費者金融からの借り入れだけでなく、クレジットカードの利用状況も保管されています。

つまり、過去の借り入れで問題があった(踏み倒しや自己破産など)場合、信用情報に傷がついてしまっている可能性があるのです。

信用情報に傷がついている場合、申し込み後に行われる仮審査の時点で落とされます。

他社から年収の3分の1以上の借り入れをしていると何が問題なの?

もし他の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を含め、年収の3分の1以上借りている場合、総量規制の対象となっているため、新規での借り入れは不可能となります。

この総量規制はプロミスも貸付時に従わなければならない、貸金業法で定められています。

つまり、貸金業法に逆らう貸付はできないため、総量規制の対象になる可能性がある新規貸付はできないという事情があります。

また、他社から既に総量規制の対象となる借り入れをしている人は「多重債務」のリスクも懸念されます。

多重債務に陥っている人への新規融資は貸し倒れのリスクが生じるため、やはり審査は厳しくなる、審査に落ちる可能性も高くなります。

申し込み時の情報で虚偽の内容を入力するとどうなるの?

プロミスの審査に通りたい一心で、申し込み時の入力内容に虚偽の情報を書いた場合も審査に落ちる可能性はあります。

バレなければ大丈夫、と思われる方もいるかもしれませんが、信用情報や提出する本人確認書類、勤め先への在籍確認で虚偽であることが知られてしまえば、審査に落ちてしまいます。

在籍確認が取れなかった時はどうなるの?

プロミスの審査において、勤め先への在籍確認は重要な位置を占めます。そのため、在籍確認が取れない場合、審査に落ちてしまいます。

在籍確認は電話で行われ、審査の中で行われます。もし勤務先にご自身がいなくても、在籍していること(働いていること)が確認できれば問題ありません。

またプロミスの場合、電話での在籍確認が難しい場合、一度、プロミスに相談することもできます。

申し込み完了後、プロミスコール(0120-24-0365)に連絡し、在籍確認を電話以外の方法で行ってもらえないか?相談してみましょう。

半年以内に複数回の申し込みって何回以上だとNG?

どうしても借りたいと短期間(半年以内)に複数回申し込みをしている人も審査に落ちる可能性があります。

これは「申込ブラック」としてマークされている可能性があり、貸し手側としては警戒するためです。

短期間での複数回申し込みこむということは、それだけ、お金が必要、切迫した状況であると取られます。

この場合、期間を半年以上空けてから、プロミスに申し込みしましょう。

タイトルとURLをコピーしました