プロミスのおまとめローンは審査が厳しいって本当なの?

プロミスのおまとめローン、審査って厳しいの?おまとめすることにどんなメリット、デメリットがあるの?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスでおまとめローンをする場合、審査が厳しいかは利用する人次第というのが正直なところです。

おまとめローンをする場合、消費者金融から借り入れする時にネックになる、総量規制も関係なく、複数借り入れに対してもシビアになりません。

とはいえ、他社からの借り入れ件数、金額が多くなる場合、貸し倒れのリスクもあるため、審査は厳しくなる可能性が高くなります。

プロミスのおまとめローンって?審査はどのように行われる?

プロミスのおまとめローンは公式サイトでも案内されていますが、金利条件は一般的に利用するプロミスのカードローンと金利条件は変わりません。

契約額申込者の指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式単一金利
借入利率6.3%~17.8% (実質年率)
遅延利率20.0% (実質年率)
返済方式元利定額返済方式
返済期日5日、15日、25日、末日の中から都合にあわせて選択可能。
三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの
口座振替によるご返済を希望される場合、返済期日は5日。
返済期間・返済回数最終借入後最長10年・1回~120回 相談のうえ返済回数を設定可能
申込できる人年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある人。
主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる
安定した収入がある場合、申し込み可能。
資金使途他の貸金業者からの借入金返済に限る。
借換え対象となるローン消費者金融・クレジットカードなどにおける借入(無担保ローン)。
銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどを除く
担保・保証人不要

借入条件を見てもわかるように、おまとめローンは一般的なプロミスとは違い、

  • 現在、他社から借り入れしている金額分だけ融資される
  • 返済のみで追加で借り入れすることはできない

ということもあり、おまとめ専用のローンであることがわかります。

では、審査はどうなのか?説明しましょう。

おまとめローンの審査も特に変わらないが、厳しくなる可能性はある

プロミスのおまとめローンでも審査自体は一般的な借入をする場合と変わりません。

  • 安定した収入があること
  • 審査の中で行われる在籍確認などをクリアすること

は大前提として必要です。さらにおまとめローンの場合、審査が厳しくなる可能性がある場合として、

  • 他社からの借入金額、件数が多い
  • 信用情報に傷がついている

このような場合であると、プロミスのおまとめローンの審査に落ちる可能性は高くなります。

逆におまとめローンを利用する際に他社からの借り入れ金額や件数を減らすことができれば、審査に通る可能性は上がります。

信用情報は返済日を守って返済している人であれば、傷がついている可能性は低いでしょう。何回も返済が滞っている人は、信用情報に傷がついている可能性があります。

プロミスのおまとめローンのメリット・デメリットって?

プロミスのおまとめローンを利用するメリット、デメリットについても見ておきましょう。

プロミスのおまとめローンのメリットとは

  • 他社借入を一本にまとめるため、返済日は1回となる
  • おまとめローンの場合、現在の借り入れよりも金利は下がるため、利息が減る
  • 他社への返済額総額よりも、毎月の返済額が減る可能性がある
  • 即日で融資してくれる

ではどのくらい、おまとめすることで返済額や利息が減るのか?シミュレーションしてみましょう。

プロミスのおまとめローンを利用した時の返済シミュレーション

他社3社(A、B、C社)から借りている状況
A社 B社 C社
借入残高 800,000円 700,000円 500,000円
金利(実質年率) 18.0% 18.0% 18.0%
返済期間 5年 5年 5年
毎月返済額 20,314円 17,775円 12,696円
返済総額 1,218,864円 1,066,488円 761,781円
合計毎月返済額 50,785円
合計返済総額 3,047,133円
プロミスのおまとめローンでおまとめした場合
借入残高 2,000,000円
金利(実質年率) 15.0%
返済期間 5年
毎月返済額 48,000円
返済総額 2,842,747円

毎月の返済額は「2,785円」、返済総額も「204,386円」減らすことができます。

プロミスのおまとめローンのデメリットとは

  • 銀行カードローンやクレジットカードの借り入れにはおまとめできない
  • 追加で融資をお願いすることができない
  • 融資額の上限は300万円までとなる
  • 自動契約機、プロミス店頭窓口、電話での申し込みのみとなる

つまり、もともと金利が低い借り入れをしている場合は利用できない、返済専用ローンであるため、追加融資は対象にならないということになります。

タイトルとURLをコピーしました