プロミスの審査は遅い?長い場合はどのくらいかかるの?

プロミスの審査は遅い?長い場合はどのくらいかかるの?プロミスの審査に関する様々なQAに答えます!

プロミスの審査にかかる時間は遅くありません。ではどのくらい時間がかかるのか?

公式サイトには審査時間は最短で30分と謳っています。しかし、実際のところ、1時間~2時間程度がかかります。

この審査時間を遅いと感じるかは人によるところかと思いますが、即日中の融資まで漕ぎつけることができるため、管理人としては遅くないと考えています。

プロミスの審査時間は申し込みする人によって変わる?

プロミスの審査時間は申し込みする人によって時間は異なってくるのか?何時間かかるものなのか?当サイトで申し込みする人の属性と審査時間を集計してみました。

データ集計の際、審査の中で行われる在籍確認の審査は速やかに行ってもらいました。

申し込みした人の属性申し込み後から審査完了までに要した時間
会社員(26歳男性)55分
会社員(33歳男性)40分
パート(42歳女性)1時間20分
フリーター(20歳男性)2時間
契約社員(28歳女性)1時間30分
派遣社員(30歳男性)1時間50分
自営業(38歳男性)2時間30分

今回のデータで見えてきたのが、申し込みした人の属性と審査時間の長さには少なからず関係性があることです。

審査時間が早かったのは33歳の会社員の方、審査時間が最も長かったのが38歳の自営業をされている方でした。

このことからわかるのが、収入の安定性についてです。

審査時間が長くなる人の属性を見ると、収入の安定性が低いと判断されている可能性があります。

つまり、今回のデータでは自営業(個人事業主)の方が収入の安定性がないと判断されているとも考えられます。

プロミスの審査時間は平均すると1時間半前後だった

またプロミスの審査時間をデータから見ると、平均で1時間半で審査完了する結果となりました。

審査完了までは最短で40分、在籍確認の電話も申し込みした本人が確認に応じるなど、審査時間をロスしないように努めてもらいました。

このことから当サイトでは、プロミスの公式サイトにある「最短30分」という時間ではなかなか審査は終わらない可能性が高いと判断しました。

また最長の場合は2時間を超えてしまったため、もし申し込みする時間が遅い時間となると、申し込みした日の審査が終わらず、即日審査は難しくなります。

プロミスの審査時間は9:00~21:00まで(店頭窓口は10:00~18:00まで)

プロミスの審査完了後、融資されるまでの時間はどのくらいかかる?

1時間以内に審査が終わった場合、その後は振込融資を依頼すれば、10分程度で融資をしてもらえます。

つまり、最短で審査が終わった会社員の方の場合、融資完了まで50分程度、 1時間以内に借り入れできる準備が整ったことになります。

ちなみにプロミスの振込融資はスマホやパソコンからプロミスの会員ページへログイン、振込手続きを行っていきます。

振込先の金融機関口座情報の入力等ありますが、振込実施をすれば、すぐに融資を実行してくれます。

管理人はプロミスで「りそな銀行」口座へ振り込み融資をお願いしたこともありますが、りそな銀行の口座照会ページにログインし、残高確認をした時にはプロミスからの振り込みを確認できました。つまり、振込融資にかかった時間は、1分以内でした。

プロミスの審査は長い場合でも2時間程度、申し込みした人による

プロミスの審査時間について、今回は様々な属性の人のデータを集計しましたが、プロミスの審査時間は長い人でも2時間30分でした。

つまり、朝の9時に申し込みが完了した場合であれば、11時半には審査は完了、午前中に融資をしてもらえるということになります。

また、審査時間を考慮すると、少しでも早く借り入れをしたい場合であれば、まずは申し込みをいかに早く完了させておくのがポイントとなります。

プロミスの申し込みはインターネットから24時間365日申し込みできますので、翌日早々に借り入れをしたいのであれば、深夜に申し込みを完了させておくのも一つでしょう。

タイトルとURLをコピーしました